1. ホーム
  2. 家を建てる
  3. 商品紹介
  4. 二世帯で暮らす

二世帯で暮らす

二世帯で暮らす サーラの外断熱の家なら、二世帯みんなが心地よく暮らせます。サーラの外断熱の家なら、二世帯みんなが心地よく暮らせます。 二世帯で暮らす

「ひとつ屋根の下で、賢く分ける」二世帯住宅のカタチ。

生活リズムの異なる親世帯と子世帯が同じ建物で暮らす「二世帯住宅」は、「生活パターン」や「設備・居室の共有の仕方」をどのように考えるかで、「分離型」「共有型」「一体型」の3スタイルに大きく分けることができます。
ご主人、あるいは奥さまのご両親との暮らしで、最も大切にしていきたいものは何かをご相談しながら、皆さまにちょうどいいコミュニケーションのスタイルを探していきましょう。

どちらの親と暮らすかでプランの考え方が違ってきます。

『暮らし方』で見えてくる3つのカタチ。

プライバシー重視 分離型

プライバシー重視 分離型

生活空間を分離し、両世帯が独立して暮らせるスタイル。

両世帯それぞれのプライバシーを確保し、必要に応じて交流したり、協力できるカタチです。

ほどよい距離感 共有型

ほどよい距離感 共有型

普段の食事は両世帯それぞれ独立しながら、玄関や浴室などを共用してスペース効率を高めたスタイル。

半独立的にプライバシーを守りつつ、両世帯間のコミュニケーションも大切にする、ほどよい距離感をカタチにします。

経済的にも助け合える 一体型

経済的にも助け合える 一体型

家事を協力し合い普段の食事を一緒にしながら、サブリビングやミニキッチンなど、子世帯用の専用空間を設けたスタイル。

両世帯のコミュニケーションを大切にしながら、一緒に仲良く暮らしていくカタチ。

PLAN01:夫の親と暮らす

両世帯の独立性を高め、"気疲れ知らず"で寄り添える家。
  • 一緒に暮らす安心感がありながら、各世帯のプライバシーを重視。
  • 朝の出勤時は親子で顔を合わせつつも、来客時のプライバシーは大切に。
  • 子世帯を招きやすいゆとりダイニングは、お子さんの勉強場所としても活躍。

分離型 子世帯ワンフロアプラン分離型 子世帯ワンフロアプラン

1階間取り図

床面積

2階・天空間間取り図

毎日の出勤・帰宅時にあいさつを交わせる
❶ エントランスレイアウト
たっぷり収納のウォークイン型
❷ シューズクローク
両世帯が一緒に使うものを収納しやすい
❸ 共有クローゼット
両世帯が互いに行き来しやすい
❹ 世帯間動線
週末は和気あいあいと二世帯一緒に食事を楽しむ
❺ にぎやかダイニング
親世帯の安眠を妨げない
❻ 静かな寝室レイアウト
子世帯居室に気兼ねなく孫の世話がしやすい
❼ 孫育動線
親世帯は階段から、子世帯はリビングダイニングからアプローチできる2WAY動線を確保した子ども部屋。
両世帯で子どもを見守り育てるスタイルを叶えます。
上部吹き抜けで開放的な団らん空間
❽ 吹抜天井リビング
収納&趣味のスペースをたっぷり確保した
❾ 天空間

外観

孫育動線
❼ 孫育動線イメージ

その他にも様々なプランをご用意しています。詳しくはカタログをご覧ください

「二世帯で暮らす」の建築実例

安心を支えるテクノロジー

TECHNOLOGY 安心は技術で支えられている。

日本の気候風土や自然条件に合った木造住宅を求めて、サーラ住宅がたどりついた技術の結晶をご紹介します。

展示場 見て、触れて、納得!体感型の展示場へどうぞ

お泊まりハウス リアルサイズな展示場に、一泊してみませんか?