1. ホーム
  2. 家を建てる
  3. 建築事例
  4. 家族が集う2階リビング。家事ラク動線や自転車専用ガレージがある共働き家族の家

家族が集う2階リビング。家事ラク動線や自転車専用ガレージがある共働き家族の家

陽光と風に包まれるここちいい2階リビングは、Sさんのリクエストで実現。「外からの視線を気にすることなく開けっ放しで過ごせるようにしたかったんです。1階リビングだとカーテンを閉めたままという話もよく聞きますし」とSさん。窓が4方向に設けられているため風通しもいいのだとか。高天井が開放感をさらに高めている
  • 陽光と風に包まれるここちいい2階リビングは、Sさんのリクエストで実現。「外からの視線を気にすることなく開けっ放しで過ごせるようにしたかったんです。1階リビングだとカーテンを閉めたままという話もよく聞きますし」とSさん。窓が4方向に設けられているため風通しもいいのだとか。高天井が開放感をさらに高めている
  • リビングから続く広々としたバルコニーは、アウトドアリビングとしても大活躍。2階リビングならではの使い勝手を実現
  • ご主人の要望で広くしたバルコニー。手すり壁を高くしたことで、外からの視線を気にすることなく、寛げるようになった。街を見下ろせる眺めとここちいい風が、家族みんなのお気に入りだ
  • 2階リビングの吹抜けと繋がる『天空間(小屋裏タイプ)』は、お子さんたちのいい遊び場。「子どもと夫が一緒にゲームしたり、TVを見たり、満喫していますね」と奥さま。間仕切り壁の奥は、普段あまり使用しないものを収納するスペースとなっている
  • 家事をしながら子どもの様子を見守りたいというママのリクエストで、ダイニングに勉強スペースを確保。キッチンカウンター下部も収納になっているので、プリントや勉強道具などもスッキリ収納できる
  • 「リビングから洗濯物が見えるのがイヤだったので」と、物干しスペースはリビングの反対側にあるインナーバルコニーに。畳敷きにした家事室はインナーバルコニーへ出入りでき、洗濯物を畳んだり、室内干しをしたりと大活躍。「家事動線が短くなりました」
  • シューズクロークは、家族4人分の靴を収納するのに十分なサイズ。壁面にフックを取り付けて、ヘルメットや掃除道具を収納できるように工夫している
  • 夫妻共通の趣味である自転車の専用ガレージは、階段下のスペースを活用した。「自転車専用ガレージなんて夢だったけど、趣味のことなど会話を重ねる中で要望をくみ取ってくれました。土間仕上げなので汚れも気になりません」とSさん。ここから室内に入ることができる動線もお気に入りだ
  • 玄関前は持ち出したバルコニーが庇代わりになって、雨の日でも自転車のお手入れができる。「玄関を開けっ放しにしても家の中が見えにくくなりました」とSさん。庇は夏の強い陽射しも遮ってくれる
  • 黒の外観はご主人のこだわり。木調の外壁材をアクセントに使って、程よい温もり感をプラスした。プライバシーを守ることに重点を置いたため、窓のサイズは小さめに。片流れの大屋根など、建物のフォルムも気に入っているそうだ
  • 陽光と風に包まれるここちいい2階リビングは、Sさんのリクエストで実現。「外からの視線を気にすることなく開けっ放しで過ごせるようにしたかったんです。1階リビングだとカーテンを閉めたままという話もよく聞きますし」とSさん。窓が4方向に設けられているため風通しもいいのだとか。高天井が開放感をさらに高めている
  • リビングから続く広々としたバルコニーは、アウトドアリビングとしても大活躍。2階リビングならではの使い勝手を実現
  • ご主人の要望で広くしたバルコニー。手すり壁を高くしたことで、外からの視線を気にすることなく、寛げるようになった。街を見下ろせる眺めとここちいい風が、家族みんなのお気に入りだ
  • 2階リビングの吹抜けと繋がる『天空間(小屋裏タイプ)』は、お子さんたちのいい遊び場。「子どもと夫が一緒にゲームしたり、TVを見たり、満喫していますね」と奥さま。間仕切り壁の奥は、普段あまり使用しないものを収納するスペースとなっている
  • 家事をしながら子どもの様子を見守りたいというママのリクエストで、ダイニングに勉強スペースを確保。キッチンカウンター下部も収納になっているので、プリントや勉強道具などもスッキリ収納できる
  • 「リビングから洗濯物が見えるのがイヤだったので」と、物干しスペースはリビングの反対側にあるインナーバルコニーに。畳敷きにした家事室はインナーバルコニーへ出入りでき、洗濯物を畳んだり、室内干しをしたりと大活躍。「家事動線が短くなりました」
  • シューズクロークは、家族4人分の靴を収納するのに十分なサイズ。壁面にフックを取り付けて、ヘルメットや掃除道具を収納できるように工夫している
  • 夫妻共通の趣味である自転車の専用ガレージは、階段下のスペースを活用した。「自転車専用ガレージなんて夢だったけど、趣味のことなど会話を重ねる中で要望をくみ取ってくれました。土間仕上げなので汚れも気になりません」とSさん。ここから室内に入ることができる動線もお気に入りだ
  • 玄関前は持ち出したバルコニーが庇代わりになって、雨の日でも自転車のお手入れができる。「玄関を開けっ放しにしても家の中が見えにくくなりました」とSさん。庇は夏の強い陽射しも遮ってくれる
  • 黒の外観はご主人のこだわり。木調の外壁材をアクセントに使って、程よい温もり感をプラスした。プライバシーを守ることに重点を置いたため、窓のサイズは小さめに。片流れの大屋根など、建物のフォルムも気に入っているそうだ

陽光と風に包まれるここちいい2階リビングは、Sさんのリクエストで実現。「外からの視線を気にすることなく開けっ放しで過ごせるようにしたかったんです。1階リビングだとカーテンを閉めたままという話もよく聞きますし」とSさん。窓が4方向に設けられているため風通しもいいのだとか。高天井が開放感をさらに高めている

間取り図

図:間取り

お客さまの声

イメージ:お客さまの声

2階リビングで家族はいつも一緒。気持ちよくて、家事もしやすい家に大満足

リビングを満たす明るい陽射しとここちいい風。高天井の2階リビングには、いつも家族が集い笑顔が絶えない。家づくりのきっかけは、お子さんの成長に伴い部屋数や収納が少なくなったこと。当初は具体的な要望もなく、一戸建てよりもむしろマンションを検討していたそうだが、同社と出会い、考えが変わった。「決め手は引渡し前の完成宅を見学したことですね。2階リビングのお宅を見た時にピンときたんです」。こうして街を見下ろす高台の土地の特性を生かす2階リビングの家づくりがスタート。その他にも自転車の専用ガレージや家事が効率的にこなせる動線を叶え、理想的なマイホームが完成した。暮らし始めて3~4ヶ月が経つが、住みごこちは快適だそう。「リビングは4方向に窓があるので風通しがいいですし、エアコン1台だけで十分です。家事動線も整ったので動きやすいですね。外からの視線を気にせず、カーテンを開けっ放しにできます」とSさん。「家族みんな、寝るとき以外はずっと2階リビングにいます。いつも一緒だと、とても安心するし落ち着きますね」。

物件データ

所在地 愛知県春日井市
家族構成 夫婦+子ども2人
建築費用 2,000~2,500万円
間取り 3LDK+天空間+W.I.C
延床面積 / 敷地面積 123.00 / 178.08
竣工年月 2015/3/21

この実例を見た方はこんな実例も見ています

日常にリゾート感あふれる、西海岸テイストの家

日常にリゾート感あふれる、西海岸テイストの家

  • 収納
  • 家事らく
  • 共働き
  • 2階建
  • 30~40坪
  • 2,000~2,500万円
  • 天空間

収納力たっぷりの食品庫と、スキップフロアの家事コーナーがある家

収納力たっぷりの食品庫と、スキップフロアの家事コーナーがある家

  • 子育て
  • 収納
  • 家事らく
  • 吹抜け・スキップフロア
  • 2階建
  • 40~50坪
  • 2,500~3,000万円
  • スキップフロア

展示場 見て、触れて、納得!体感型の展示場へどうぞ

商品紹介 サーラ住宅の注文住宅商品をご紹介します